魚 望月 今が旬 栗の甘露煮

栗甘露煮

今日の料理は

“ 栗の甘露煮 ”

秋の味覚!!

いがいがの中にある

栗を料理してみました。

外側の茶色の皮をむき、その中にある鬼皮を剥き。ここが一番たいへんな所です。

底の部分を平らに切り、底の方から放射線状に剥いていきます。

硬いのでクレグレも手には注意して、鬼皮を剥いて下さいね!!

剥けたら、水にさらしてアクを取って下さい。

2から3時間で良いかな?

傍らでくちなしの乾燥した実を水の中に割って入れて黄色の物を作って置いて下さい。

栗がひたひたになる位に黄色の液体を入れ、火にかけます。

あまりコトコトにならない火加減です。少し時間をかけて柔らかくして下さい。

柔らかくなったら、再び水に晒して下さい。

良く晒したら今度は蜜で炊きます。

やはり先程の黄色の液体を使います。

クチナシの黄色の液体を鍋に入れるのですが、

ここで、何CC入ったか記録して置いて下さい。

だいたい、蜜は、一升800グラムと言って、180ccに80グラムですかね。

3カップで足りたなら、氷砂糖は240グラムで良いか、後少し足す感じで良いと思います。

氷砂糖はいっぺんに入れないで数回に入れて下さい。

火に掛けてから砂糖を入れ、栗が上に浮いてくるようでしてら、出来上がりです!!

冷ましてから食べてみて下さい!!

どうでしょう!!  わからなかったら、電話して下さい。よろしくね!!

もち月でも たまに 甘露煮使います。

食べに来て下さいね!!

カテゴリー: グルメ, 大将の日記, 日記 — editor 3:34 PM